CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
                     
私の設計事務所です。
CATEGORIES
ARCHIVES
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
銘木店へ

 

間の小屋は先日材木を探しに銘木店へ足を運びました。

 

こちらは名古屋にある丸ス松井材木店

 

家具のふくなりさんからの紹介です。

 

 

 

道路際には製材される前の丸太がゴロゴロしています。

 

この状態で仕入れていること自体、今となっては珍しいと思います。

 

 

 

丸太の状態でもしばらく木は生きているそうで、

 

倒木後もご覧のように芽吹いています。

 

生命の力をひしひしと感じると共に

 

木材と言えども命を頂いているんだなと実感します。

 

 

 

 

製材されている木材のストックヤードへ

 

確かに一般的な木材ではなく面白い樹種、

 

面白い由来の木材が沢山。

 

材木談義に花が咲きました。

 

 

 

 

今回ピックアップさせて頂いた杉板。

 

日光東照宮の境内から出た杉との事。

 

それを聞いただけで神々しく見えてきます。

 

板戸と外壁の一部に採用予定。

 

もう一つ、床板用の桐をピックアップさせて頂きました。

 

 

永く続いているプロジェクトですが、

 

一歩一歩進んでいます。

 

ある職人さんから「雲を掴む様な話だね〜」と言われましたが

 

何とか掴みたいと思います。

 

 

 

 

愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする
建築設計事務所住記屋

 

 

| 間の小屋 | 12:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
わら細工たくぼ 祝亀

 

わら細工たくぼさんの祝亀

 

左の子は10年ほど前から我が家にいますが、

 

初々しい右の子は最近家族になりました。

 

しかも作家の甲斐さんより直々に渡ってきた子です。

 

 

手仕事への憧憬は増すばかり

 

 

 

 

愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする
建築設計事務所住記屋
| 民藝・郷土玩具 | 18:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
足場が取れました。

 

稲熊の家はなかなか書き込みが出来ておりませんでしたが、

 

順調に工事も進み、足場も外れました。

 

 

 

 

まだウッドデッキまで出来ておりませんが、

 

庭も広く取れそうです。

 

 

 

 

玄関周辺

 

最終的には道路側に格子が付きます。

 

 

 

 

2階のテラスも最終的にウッドデッキが敷かれます。

 

見晴らしも良いので、月見台としても使えそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする
建築設計事務所住記屋
| 稲熊の家 | 12:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
太陽の塔 万博記念公園

 

民芸館を後に今年も参拝へ。

 

と思いきや工事中の為近くでの参拝が出来ず・・・

 

3度目にして初の晴天だったのですが・・・

 

 

 

 

なんだかんだ言ってこの背中が好きなんです。

 

何とも言えない佇まい。

 

 

 

 

こちらは娘が万博記念公園でハントしたシロツメグサと

 

みんぱく売店でハントした太陽の塔のガチャ。

 

流石、我が娘!

 

一発で両親のリクエストに答えてくれました(笑)

 

 

太陽の塔、みんぱく、民藝館・・・

 

恐るべし万博記念公園。

 

私達にとってのディズニーランドです。

 

 

 

 

愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする
建築設計事務所住記屋
| アート | 17:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
菓子木型の世界 大阪日本民芸館

 

 

大阪民芸館で開催中の「菓子木型の世界」展へ。

 

万博記念公園は何度か足を運んでいるのですが、

 

スケジュールが合わずなかなか行くことが出来ませんでした。

 

 

 

今回が初の大阪民芸館です。

 

全国の民藝館の中でもモダンな部類に入ると思われる

 

水平ラインを強調した建築です。

 

 

 

深い軒下や石の目地の取り方に民藝「感」を感じ、

 

他にも木、石、鉄、ガラスと素材の質感をビシビシ感じます。

 

この時代の建築が好きなんですよね。

 

 

 

エントランスを入った先はパティオになっており、

 

パティオを回遊するように展示スペースを取っています。

 

 

肝心の木型ですが、約220点の展示という事もあって見ごたえ十分。

 

民藝館だけでかなり所有している様ですが、個人蔵の木型もありました。

 

珍しい木型も沢山あったのですが、

 

「ウチにも負けないくらい珍しい木型があるもんね〜」などと

 

負け惜しみを言ってきました。

 

 

 

菓子木型の世界 〜7月17日

 

大阪民芸館

 

 

 

 

愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする
建築設計事務所住記屋
| 民藝・郷土玩具 | 17:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/202PAGES | >>