CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
                     
私の設計事務所です。
CATEGORIES
ARCHIVES
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
東山旧岸邸(静岡県御殿場市)

 

とらや工房に隣接する旧岸信介邸へ。

 

 

 

 

 

設計は吉田五十八。

 

庭園からの眺めは桂離宮の様です。

 

 

 

 

少し軒が高いのですが、室内の空間も大きいので

 

全体のバランスからするとこれくらいの高さがあっても違和感がありません。

 

 

 

 

空調と照明のスイッチに時代を感じます。

 

良い雰囲気。

 

 

 

 

あっさりとした広間の茶室。

 

 

 

 

床、床柱、落掛け、地袋など立体的に見えていなければできない

 

複雑にも関わらずあっさりと見せるデザイン。

 

 

 

8畳にしては広いな・・・と思っていたのですが、

 

 

畳縁が細いのでそう感じるようです。

 

なるほど襖縁の寸法に合わせてあるのか・・・と見ていると、

 

 

 

雪見障子の縦框も同じ寸法!?

 

細すぎる!

 

しかも畳縁と通りも合っていますし・・・

 

 

他にも見所が盛り沢山。

 

建築が大きくなっても細部への気遣いが変わらない事には脱帽です。

 

うんうん唸って反省してきました。

 

 

 

 

東山旧岸邸

 

静岡県御殿場市東山1082-1

 

 

 

 

| 建築 | 14:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
岡崎公園の葵松庵へ


茶室改装の相談を受けているのですが、

あまりに自分が勉強不足のため岡崎市にある葵松庵へ

見学+実測に行ってきました。

設計は中村昌生氏です。




寄付、待合を兼ねていると思われる8畳と6畳の広間

流石に納まるべくして納まっており緊張感があります。




しかしながら襖の唐紙に兎の柄を使うバランスが素敵です。

この唐紙はどこで注文できるのか・・・?

いつか使いたいと思っている朱の襖縁もこんなところで見られました。




四畳半の茶室へ。

この日は鈴木庭苑の鈴木さんとその知人の方々がお稽古中との事で

便乗して伺いました。




稽古のために明るくしていたのだと思いますが、

すべての窓を開けて照明もつけると茶室にしては明るい印象です。


一服頂いてから一気に撮影と採寸をさせて頂きました。

以前から茶室の存在は知っていたのですが、なかなか機会がなかったので

行くことが出来ずにいたのですが、非常に勉強になりました。

利用料金もお手頃なので、この空間を使うためにお茶を習いたいくらいです。


葵松庵(岡崎公園内)




愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする
建築設計事務所 住記屋
 
| 建築 | 17:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
建もの探訪 @矢作の家


先日、矢作の家に伺って来ました。

仕事と子育てに追われなかなか伺えなかったのですが、

報告したいこともあったので、本当に久しぶりに伺いました。




今年で築10年を迎えるこの家は、

私がスタッフ時代に初めてプランニングから

現場監理まで経験させて頂いた家です。

思えばこの施主さんから原点とその方向性まで与えて頂きました。




軒下のブランコや竹馬、子供椅子さえも時間の経過を伝えてくれるようです。

外壁はご自分で一度塗り直されたとの事、

ますます味わい深い色になっていました。




人の出入りの多い窓際の床板は10年の歳月を経て浮造仕上へ。

無垢の材料だからこそ出て来る味わいを見ていると

10年間毎日使って頂いていたことに対する感謝と

時間軸の大切さ、この仕事の大切さを改めて実感します。


Fさん、久しぶりに皆さんにお会いできて嬉しかったです。

今後ともどうぞ宜しくお願いします。




愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする
建築設計事務所 住記屋
| 建築 | 17:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
吉村順三の設計図集、作品集

一般の方でご存知の方は少ないかと思いますが、

吉村ファンにはたまらない吉村順三設計図集と作品集を借りて来ました。

ずっと読んでみたいと思っていた本でしたが、久しぶりに建築本で感動。

図面と写真から伝わる身に染みるような心地よさに思わず唸ってしまいます。

私がまだ生まれていもいない頃、1950年〜70年代の住宅は特に美しく、

とても40〜50年も前の設計とは思えません。

しっかり読み込んで勉強します。




愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする
建築設計事務所 住記屋
| 建築 | 17:55 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
プランニング中です。

ここ数カ月プランニング漬けの日々が続いています。

新しい案件が何件か進んでいるのですが、どの案件も計画段階。

設計の醍醐味でもあるのですが、苦悩との戦い、

己の才能の無さを痛感させられる日々です。


どの案件もそうですが、同じ建築などありません。

毎回先入観を無くしたフラットな構えでスタートし、

ゼロから組み上げるつもりで設計しています。

突然斬新なものが出て来ることはありませんが、

少しの違い、今までやらなかった何かを潜ませたいと思っています。


一喜一憂の日々はまだまだ続きます。




愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする
建築設計事務所 住記屋

 
| 建築 | 15:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
波に乗ることが出来ました。


年明けの時点で通常業務に換算して18か月分の仕事量を抱えていました。

突然降って沸いた増税にスケジュールを圧迫され、リミットは10か月。

8か月分の時間はどう稼いだらよいか悩みました。

誰に相談しても「仕事を外注した方が良い」というアドバイス。

しかし、自分にお願いしますと言って下さった施主さんの図面を

他人に書かせることはどうしても抵抗があり、さらに悩むことに。

どれだけ考えても「外注する」か「死ぬ気で1.8倍仕事をする」しか

選択肢はありませんでした。


悩んだ時には苦しい道を。

結局、自分を追い詰める(自虐的なほど?)性格なので後者を選択しました。

その後は、ブログでも書いたように営業時間を延長するしか手段はなく、

終盤は営業時間9時〜29時という建築しかない生活を送っていました。

途中精神的にも参ってしまいましたが、現在の施主さんだけでなく

昔の施主さんや現場監督、庭師さんに励まして頂きながら

無事大波に乗ることが出来ました。

実施設計が終わり、現場監理に入っている状態なので

波に乗っただけで乗り越えてはいません。

竣工までは慌ただしい状態が続くと思われますが、

無事乗り越えたいと思います。


以上、ブログが止まっていた言い訳です。

今後は以前のようになるべくコンスタントにアップします。




愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする
建築設計事務所 住記屋
| 建築 | 23:36 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
今年も梅が咲いています。


お隣の梅が満開です。

2年前のこの頃も美しい花を付けていたことを記憶しています。


自分ができることと言えば

まっすぐ生きているかと自分に問うこと

気持ちだけでも寄付をすることくらいです。




愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする
建築設計事務所 住記屋

| 建築 | 23:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
5年が経ちました。

今日で事務所を開設して5年になりました。

目の前の仕事に必死に向かい合っているうちに

あっと言う間に過ぎ去っていった5年ですが、

その仕事を与えて下さった方々、私の仕事を必要として下さった方々に

改めて感謝しています。本当にありがとうございました。

期待に応えられるよう精進して参りますので、

今後とも宜しくお願い致します。




愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする
建築設計事務所 住記屋
| 建築 | 22:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
癒しの小屋


小さな物置小屋を建築中。

建築漬けで疲れ気味ではありますが、

この小屋の姿を見ると不思議と癒されます。


・・・いよいよ建築病が進行してきたかもしれません。




愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする
建築設計事務所 住記屋
| 建築 | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
鶴の部屋


新しく始まっているプロジェクトの模型を現在制作中です。


模型の制作中は他の仕事までなかなか手が回りません。

事務所が機能停止しては問題があるので

一般的な計画であれば3日以内という期限を自分で決めており、

その3日間は朝から夜中まで鶴の恩返しのごとく部屋にこもります。


「決して覗いてはいけません。」とは言いませんが、

作業中の鶴の部屋は荒れ果てています。




| 建築 | 00:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/6PAGES | >>