CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
                     
私の設計事務所です。
CATEGORIES
ARCHIVES
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
ザッセンハウスのコーヒーミル 175M


久しぶりに道具について書こうと思います。

このブログではお馴染み?のザッセンハウスのコーヒーミルです。

型番は175M、真鍮が一般的ですが我が家では銅製を使っています。

(その他、ステンレス製も見たことがあります。)

以前紹介したコーヒーミルよりも均一に豆を挽くことができるので、

同じ豆でも深い味わいが楽しめますが、

このミルで挽いたという先入観だけで美味しく感じてしまいます。




175Mは携帯用ミルなのでハンドルの取り外しができます。

さらに、ホッパーの蓋、ホッパー+ミル、ストッカーに分解可能。

ロゴはこのストッカーの裏に付いています。




ザッセンハウス社の諸事情でMJ-0802と品番を変えた現行品もありますが、

その道の人からミルの出来があまり良くないと噂を聞きますので、

程度の良い古いものがお勧めかも知れません。




愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする
建築設計事務所 住記屋
 
| キッチンツール | 15:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ザッセンハウスのコーヒーミル


久しぶりに建築以外のお話を。

ドイツ製、ザッセンハウスのコーヒーミル(型番不明)です。

こちらは古いアンティークですが現在も毎日活躍しています。

メカニカルなプジョーも好きですが、

この素朴な木の質感が気に入っています。




ホッパー(豆を入れる部分)の蓋も木製です。

この蓋の部分がスチール製のものはよくあるのですが、

木製蓋仕様のミルは探しに探しました。


ちなみに、ミルには蓋付きと蓋なしがありますが、

豆を挽いている最中に豆が飛び出したり、

棚に置いていてもホッパーにホコリが入ったりするので

こらから買われる方には蓋付きが断然お勧めです。







日本赤十字社 東北関東大震災義援金のご案内


愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする
建築設計事務所 住記屋
   
| キッチンツール | 16:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ザッセンハウスのソルト&ペッパーミル 


ドイツのザッセンハウス社はコーヒーミルを製造しているメーカーです。

その歴史はとても古く100年以上前から続いています。

私はアンティークの古いコーヒーミルを使っているのですが、

なんとも言えない雰囲気を持っています。


写真は、そのザッセンハウスのソルト&ペッパーミルです。 

新しく見えるのですが、西ドイツ製の古いもので、

ツマミまで本体と同じ円錐形のデザインになっています。

このミルはソルトなら1回転、ペッパーなら半回転で十分です。

手に持つとグルグル回したくなってしまうのですが、

そこは我慢が必要です。


| キッチンツール | 15:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
藤次郎のパンスライサー


自家製のパンを作ることがあるのですが、

焼きたての柔らかいパンを普通の包丁で切ることはなかなか困難です。

そこで、ずっとほしいと思っていたパンスライサーを買ってしまいました。

柳宗理のスライサーと迷ったのですが、

以前から藤次郎のぺティーナイフを使っていることもあり、

藤次郎のスライサーにしました。

価格も安いですし、持ち手が木でできているところも決め手になりました。


今まで、スライサーを使ったことがなかったのですが、

信じられないほど良く切れ、薄く切ることもできます。

なぜもっと早く買わなかったのだろう?と思ってしまうくらいです。



藤寅工業

パンスライサー

(リンク先、ラインナップの中にスライサーがあります。)




| キッチンツール | 15:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コーヒーのミルは 電動 or 手動?


我が家では、コーヒーを粉ではなく豆で買っています。

粉で買ってくるとしっかり保存していても風味が失われてしまいます。

豆の状態で保存し、直前に挽いたほうが風味が失われません。


豆を挽くミルには、電動と昔からある手動があります。

別にどちらでもいいと思っていたのですが、

電動はものによって良くないことが分かりました。

電動でも、引き終わった豆が別の容器に移るタイプであれば良いのですが、

私は写真左のようなミルを使っていました。

このタイプだと全部を挽き終わるまで、始めに挽き終わった豆までも

挽き続けてしまい、飲んでみるとどうしても粉っぽい感じがします。


そのようなこともあり、この程手動ミルを使うことにしました。

子供のころから実家あったので、30年くらい前の古いものと思われますが、

実際に豆を挽いているところを見たことがありません。

インスタントコーヒーの粉なのにミルにかけて遊んだ記憶があります。

まだまだ使えそうだったので、何十年ぶりに現役復帰してもらいました。


よくあるタイプですが、挽き終わった豆は、下の引き出しに落ちて行きます。

使ってみたのですが、さすがに均一に豆を挽くことができます。

飲んでみると粉っぽさはまったく無く、味がはっきり分かるようになり、

美味いコーヒーになりました。


やはり新しいものが何でも良いとは限りません。



| キッチンツール | 15:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
自家製プリン+クルーゼ ストーンウェア ラムカン


先日シャトルシェフでプリンを作ってみました。

シャトルシェフの保温機能を使えば、卵と牛乳の成分だけで固まります。


〃燭貌れたプリン(卵+牛乳+砂糖+バニラビーンズ)を、シャトルシェフの鍋に並べ 

 型の半分が浸かる程度に水を入れて、沸騰させます。

∧騰してから2分程度したら保温器に移します。

20分程度したら出来上がりです。

 保温器から取り出し、冷めてから冷蔵庫に入れます。


プリンの素など使わなくても出来るし、ほとんどガスも使いません。

あと、冷たくなる前に食べると卵の風味が強く出るので、

あまり美味しくないかもしれません。冷たくなるまで我慢しましょう。


クルーゼ ラムカンは結婚式の引き出物としていただきました。

白が欲しかったのですが、カタログには白がありませんでした。

しかし我が家にはこんな色の器はないので、意外と気に入ってます。

直火以外はレンジもオーブンも使え、汚れもすぐ落ちます。





| キッチンツール | 15:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
おでん+シャトルシェフ


先日おでんを作ったのですが、初めてサーモスのシャトルシェフで作りました。

鍋が沸騰して10分程度そのまま火にかけ、

シャトルシェフの保温容器へ鍋を入れます。

容器は魔法瓶のようになっていて、

電気を使わずに高温を保ったまま調理され続けます。


これを使って前日に保温調理して、寝る前に容器から鍋を出し、

当日に別の鍋で温めて食卓へ。



結局、ほとんどガスを使わずに調理できました。

今まではクルーゼで作っていたおでんですが、もっとおいしく出来ました。

大根に味が染込んでいるだけでなく、

卵に味がしっかり染込んでいるのには驚きました。

こんな卵が家庭でできるなんて!本当においしいかったです。


シャトルシェフはまだまだいろいろな料理に使えるようなので、

また別の料理に使ってみたいと思います。


サイズは何種類かありますが、4.7Lがお勧めです。

どうせ作るならたくさん作った方が良いし、

4人家族程度なら4.7Lは必要だと思います。


余談ですが、このシャトルシェフの蓋に付いている丸く赤いツマミ。

正直、このツマミがなかったらクールすぎるという印象を受けます。

この一点の「遊び」があることで、かわいさという要素が入り、

見ていて欲しくなるし、使いたくなります。

これを思いついたデザイナーもさることながら、

よくぞこのデザインを上司が理解して許したな〜と感心します。

機能だけでなくデザインもグッドです。



| キッチンツール | 18:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
今シーズン初フォンデュ+クルーゼフォンデュセット


「クルーゼのフォンデュセットで、チーズフォンデュを食べたい!」と、

何年か前に、おもいきって買いました。

棚の中に仕舞い込んであったので、忘れていましたが

今シーズンはまだやってない事に気づき、さっそく食べました。

我が家では、パンだけでなくジャガイモやニンジン、

ウインナーも具にしています。意外と有りなのがプチトマトです。


クルーゼのフォンデュセットはさすがに保温力がありお勧めです。

フォンデュ用のフォークも付いてます。


あと、一度で良いからオイルフォンデュが食べてみたいです。

誰かオイルフォンデュセットを買ったら、招待してください。



| キッチンツール | 20:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
鍋料理+クルーゼ マルミット


今日の晩ご飯は、冬の定番。ある意味楽をしただけの鍋料理です。

やっぱり冬は鍋ですね。簡単でしかもおいしい。

我が家では、最後に太麺のラーメンを塩胡椒で締めています。

我が家の鍋ですが、クルーゼのマルミットを愛用してます。

クルーゼといえばカラフルな料理道具をイメージしますが、

どうしても私がブラックが良く探し続けました。

やっと見つけたのが、この鍋です。

普通に見たらただの鉄鍋ですが、よく見るとクルーゼです。

さすがに保温力が抜群でトロ火でもぐつぐつ煮立ちます。

ジャガイモを蒸かしたり、おでんを煮込んだりといった

時間を掛ける料理をするときには重宝します。

またご飯を炊くことも出来ます。20分弱で炊けますし、とてもおいしく出来ます。

ただし値段が高いと言うのがネックですが・・・。

正直一生使うつもりで買いました。







| キッチンツール | 22:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
本日の晩ご飯+羽石修二さんの器+ティファール


本日の晩御飯です。

日中に出掛けてしまったので手抜きをしました。

ドライカレーのみです。

取り皿は羽石修二さんの器です。

中央フライパンはティファール・ブラックです。

この寒い時期は冷めにくいのでフライパンのまま食卓へ。

(洗い物も少なくなるし・・・。)

取っ手が取れるのもかなりお勧めです。

以前は安いフライパンをテフロンが取れかかるまで使い込み、

正直炒め料理をやりにくかったのですが、

思い切ってティファールに換えてからは快適に料理しています。
| キッチンツール | 21:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |