CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
                     
私の設計事務所です。
CATEGORIES
ARCHIVES
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
岡崎市の花火大会へ

 

先日行われた岡崎市の花火大会へ行ってきました。

 

今年は縁あって桟敷で観覧させて頂きました。

 

娘はこの日が桟敷デビュー。

 

市制100周年の花火大会、しかも川沿いの最前席でデビュー・・・

 

なんて強運。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〆の一発は空が割れそうなほどの音と光。

 

あっと言う間の2時間でした。

 

 

 

 

 

| デザイン | 16:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
自家製ブルーベリーの月見兎添え


庭のブルーベリーが今年初めて収穫となりました。

今年は一本の樹が例年より大きな実を付けています。

記録は何と直径21mm。

私は食べさせて貰えず味は分かりませんでしたが、

娘は至福の表情で食べていました。

これからしばらく絶対に負けられない鳥との戦いが始まります。


器は海野毅さんのステンレス皿。

横に鎮座しているのは骨董市から来た今戸焼の月見兎。

張子ではなく土人形。

普段は打ち合わせテーブルの横で

お客さんとの打ち合わせに参加しています。




愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする
建築設計事務所 住記屋
| デザイン | 17:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
豊田市民芸館 柳宗理の見てきたもの展へ


豊田市民芸館で開かれていた特別展「柳宗理の見てきたもの」へ。

豊田市民芸館は度々企画展を行っているのですが、

今回は柳宗理が蒐集した民藝オーラ全開の品々を見る事ができました。

旅に出たとしても人生のうちで一品でも出会えるかどうかという程の

質の高さに圧倒されてしまいました。

これ程の品にどうしたら出会えるのか、

またどの様に交渉して日本に持ち込めたのか不思議で仕方ありませんでした。




企画展では柳宗理デザインの品々も販売していました。

左の日焼けした鳩笛は15年程前、柳ショップで出会ったもの。

右が今回我が家にやって来た亀車。

15年前には出会えませんでしたが、貴重な子にようやく出会いました。

柳宗理デザインのパッケージが可愛いのですが、

残念ながら今でもパッケージは復刻していないようです。




愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする
建築設計事務所 住記屋
 
| デザイン | 15:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
久しぶりの骨董市

すでに先月の話になってしまいましたが、

久しぶりに・・・いや本当に久しぶりに骨董市に行ってきました。

(建築以外のネタも久しぶり。)

今回出会ったものを簡単にご紹介します。




手のひらに乗るほどの貝(はまぐり?)の形をした漆器。

お茶請けを出すのに重宝しそうです。




良く見ると品の良い金彩が入っています。

五客揃いですが、非対称形にも関わらず

よくぞこの木地を削り出したなと感心してしまいます。




漆塗りの籠。(堅地皮籠との記載あり)

何かを仕舞う籠だと思いますが、花篭として使えそうです。

角型の籠は珍しいので、ついつい目が行ってしまいます。




一閑張とは少し違い、出隅のみ布で補強してあり、

その他の部分は竹に直接漆を塗っています。

一部壊れていたので破格でしたが、光沢もありまだまだしっかりしています。




最後に張子の犬です。

銘は不明ですが、どことなく覚束ない様子の筆運びが

良い味を出しています。

娘が唯一反応して「ピッピ、ピッピ」とリクエスト。

(欲しいものがある=レジでピッっとしてもらう=ピッピの意)

骨董市にレジはありませんが、座布団をおまけしてもらい

ピッと連れて帰りました。


久しぶりに建築以外の事でウキウキしました。

骨董市は本当の意味で一点ものばかり、一期一会を楽しめました。

二組の施主さんも偶然お会いしたのですが、それも一期一会。




愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする
建築設計事務所 住記屋

 
 
| デザイン | 16:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
可睡斎の百庫市へ(静岡県袋井)


正月に唯一のお出かけとして骨董市に行ってきました。

場所は静岡県袋井にある可睡斎というお寺で、

2年振りに行きました。


骨董の世界は魅力的ではありますが、

入り込み過ぎると危険な世界でもあります。

私の場合、一品1,000円程度を目安に見立てで勝負しています。




今回は陶器の出会いがなかなかありませんでしたが、

籠の出会いに恵まれました。

写真上は角形の竹籠、大きさは尺五寸程度あり、

形と持ち手の意匠に惹かれました。




こちらは丸形の竹籠、大きさも同じく尺五寸程度。

この色艶がたまりません。




こちらは煙草入れでしょうか。

汚れがひどかったので、家に帰ってから磨き上げました。

(↑こういう仕事はすぐ出来る。)

網目が細かく、弾力性も残っています。




上下で入子のようになっています。

落しを入れて花掛けにしても美しいと思います。




良い古道具に出会うと、その職人の技と美しさに感動します。

逆に言えば、その感動があったからこそ

時代を超えてこれまで残って来たのだと思います。


古道具を通して学ぶことは沢山あります。




日本赤十字社 東北関東大震災義援金のご案内


愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする
建築設計事務所 住記屋
| デザイン | 13:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
柳宗理に哀悼を


プロダクトデザイナーの柳宗理。

近年のブームもあり多くのプロダクトを目にする機会が増える一方で

ご本人の新しい情報が耳に入らず心配していたのですが

2011年12月25日に他界されたそうです。


多くのプロダクトだけでなく、

「用の美」「アノニマスデザイン」などの言葉とその視点は

建築を勉強しだした頃の私にとって大きな教えとなり

美とは何かと真剣に考えるようになりました。


その姿を見ることは一度も叶いませんでしたが、

多くの感謝と共に哀悼の意を捧げます。



写真上:柳工業デザイン研究会に併設された柳ショップで買った鳩笛

この空間だけ時間が止まったような雰囲気でした。




日本赤十字社 東北関東大震災義援金のご案内


愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする
建築設計事務所 住記屋
| デザイン | 14:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
贈り物
 

先日結婚式を挙げたのですが、身内だけの式だったため

周囲の方々にも話をせずにいました。

(今度結婚式を挙げるんです〜!という歳でもないし・・・。)

しかし、それとなくご報告するべきではないかと考え、

見た方だけ気付いて頂ければとブログでの報告をしました。


しかし書き込んでからお会いした多くの方から祝福の言葉を頂き、

お祝いまで頂いてしまいました。

恐らく人生でこんなに人からプレゼントを頂く事は今後ないでしょう。

せっかくなので頂いたプレゼントを紹介しておきます。


写真上はマリメッコのマグカップ。

花柄のカップは良く見るのですが、

建物が描かれているカップは初めて見ました。

やはり建築ということで選んでいただいたのかなと想像します。

口当たり、持ち手の具合も良く、毎朝使わせて頂いています。




オールドパイレックスの保存容器、耐熱ガラス器のアンティークです。

アメリカで施主さんが見つけてきたそうです。

この価値が分かる方は少ないかもしれませんが、

これだけの種類が蓋までちゃんと揃う事はなかなか無いと思います。

ポップな色合いが懐かしさを感じさせてくれます。

渋い色合いの器しかない我が家に新たな仲間が加わりました。

大切に使わせて頂きます。




リサ・ラーソンのブルドック。

左の頑固そうな顔のドックは施主さんの、

右の困った顔のブルが頂いたものです。

リサ・ラーソンのオブジェはアンティークしか手に入らない頃から

知っていたのですが、あまりに値段が高いので手が出ませんでした。

近年多くの種類が復刻されたのですが、それでもまだ値段が高く感じられ

いつか買おう、買おうと思っていました。

そんな折に頂いたので、声を上げてしまうほど喜びました。



ブルを自宅に連れて帰り、これまた以前頂いたプードルと並べています。

どれだけ犬好きなんだと思われるかもしれませんが、好きなんです。


後姿も見逃せません。




センスの良いプレゼントばかり頂き幸せに思いますが、

何よりこの様なセンスを持った施主さんたちと出会えた事に

幸せを感じています。

本当にありがとうございました。




愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする
建築設計事務所 住記屋
| デザイン | 15:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
マリオ・ベリーニ デザイン 電気ポット ミニデカ 


カッシーナで造られている革張の椅子、キャブをデザインしたデザイナー

マリオ・ベリーニがデザインした電気ポット「ミニデカ」

現在は廃盤となっているので中古品でしか出会う事が出来ません。

白の1.4Lタイプは以前から使っていたのですが、

赤の2.2Lタイプを先日リサイクルショップで発掘してきました。

驚くほど状態も良く、価格も激安でした。


ポットである事を消す、ポットとは思えないモダンなデザインと言うよりは

ポットである事を素直に形にした素朴なデザインが

足し過ぎる訳でもなく引き過ぎる訳でもない微妙なバランスを保っています。

グッドデザインにも関わらずメーカーがベリーニに無断で

花柄のタイプを製造したため、ベリーニが激怒して即刻製造を

中止させたという逸話もあります。


電気ポットに限らず、現在の家電デザインには失望してばかりです。

買いに行っても良いデザインの家電が無く

結局何も買えずに帰って来る事が多々あります。

GEやMieleなどの高額輸入家電は別として

国内の家電製品はどれも横一線の同じデザイン、

掃除機はダイソンが流行れば似たようなメカニカルなパッケージ、

炊飯器はどれもフルフェイスのヘルメット化する始末。

恐らく若手のデザイナーは良いデザインを提案しているのだと思いますが

結局上がOKを出さないんだろうな・・・などと考えたりもします。


事務所に来られる施主さんはやはりデザインを気にする方が多いのですが、

これから揃える家電のデザインについて嘆いている方ばかりで、

私も何十年前の中古家電をお勧めする訳にもいかず困っています。







愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする 
建築設計事務所 住記屋
| デザイン | 18:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
オーダーしておいた藤田革包さんの鞄が届きました。


3ヶ月ほど前に藤田さんの個展でオーダーしていた鞄が届きました。

受け取りの際にも藤田さんから扱いについて説明して頂きました。

アフターメンテナンスもしてくれるそうです。




私は仕事で使える鞄をずっと探していました。

外で打ち合わせをする際には、多くの資料を持ち運ぶのですが、

大容量でデザインの良い鞄はなかなかありません。

施主さんに会うのに野暮な鞄は不適切、だからと言ってブランド物も

いかがなものかと考えると余計に良い鞄は見つかりませんでした。


ようやく個展で出会った藤田さんの作風は、シンプルでラインが美しく、

硬すぎない素朴な雰囲気。

鞄のサイズも資料の大きさを考慮して製作してもらいました。


末永く使いたい鞄です。



藤田革包

| デザイン | 15:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
古道具の中から一品。


最近玄関に飾っている古い菓子器です。

実際に使った事はありませんが、パスタの麺棒のような構造で

ころころと転がしていくと紅葉の型がとれるようです。




私は飾りとしてしか使っていませんが、

「きっと昔の人が手彫りしたんだろうな。」と思いを馳せたり、

使い込まれた持ち手を見ていると感慨深くなってしまいます。

美しい古道具にはいつも心を魅かれてしまいます。



| デザイン | 15:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/3PAGES | >>