CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
                     
私の設計事務所です。
CATEGORIES
ARCHIVES
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
大樹に寄り添う小屋(安城市)


安城市藤井町にある小屋です。

大樹に寄り添うように建てられた小屋は、人が住んでいるのでは?

と思わせる雰囲気を持っています。

まだ生まれて間もないように見えるこの小屋は

デザインも若いように感じます。


このようなロケーションに小屋を設計できたら最高です。




日本赤十字社 東北関東大震災義援金のご案内


愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする
建築設計事務所 住記屋
| 無名の建築 | 16:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
大浜のポンプ小屋(碧南市)


碧南市の大浜地区にある工場のポンプ小屋です。

周辺は古い町並みが残っているのですが、

この小屋は一際お洒落な佇まいです。

建築に色を使うことはとても難しいのですが、

嫌らしくなく、素朴でありながらアクセントの効いた色使いは、

このままギャラリーや雑貨店としても使えそうな雰囲気を出しています。




黒い妻面に走る赤い配管が素敵です。

隣地の樹木も効いてます。


| 無名の建築 | 21:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
船板の小屋 (碧南市大浜地区)


船に使われていた板を外壁に使った家が大浜にあると聞いて見に行きました。

確かに厚さ30个らいの厚板が土壁の上に張られています。

製材をせずに張っているため、変形板をパズルのようにはめ込んだようです。

その存在は感動的で、こんな贅沢な素材を使った建築はなかなかありません。


海の潮にも耐えてきた船板は、陸に上がっても働き続けています。










周辺は魅力的な建築がまだまだありました。









| 無名の建築 | 17:22 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
麦畑の小屋 (岡崎市)


岡崎市にある小屋です。

車で走っていて何気なく麦畑に目をやると、

麦畑によく馴染んだ小屋を発見。

サビ止め塗料塗り放しなのか、麦の色に馴染んだいい色をしています。


恐らく中央に柱があるため、窓が右に寄ったのだと思いますが、

霧除け(小庇)を左にも伸ばすことで左右のバランスを取ったのでしょうか。

狙って付けたのであれば「こだわり」を感じます。




こんな美しい建築を造りたいものです。



| 無名の建築 | 20:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
日本一の小屋


昔の話ですが、大学を卒業し実務を経験することにより

建築を見る目が少し変わり始めた頃、

改めて京都、奈良の建築を見に行きました。


その時に出会った建築で最も印象深かった建築が正倉院です。

収蔵という機能しかない分、余分なデザインが一切無く、

簡素で力強い建築は「美しい」の一言。

それ以来、私の最も好きな建築は正倉院となってしまいました。

思えば小屋の魅力に惹かれ始めたきっかけも正倉院との出会いだと思います。


小屋と言っては叱られるかもしれませんが、

正倉院は日本一価値のある小屋建築です。





| 無名の建築 | 15:06 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
むくり屋根の小屋 (伊賀市)


先日、伊賀に行った際に発見した小屋です。

良く見ていただくと分かるのですが、屋根がむくっています。

出かけた時には自然と小屋探しをしてしまうのですが、

むくり屋根の小屋は初めてです。




前面道路から一段下がった所に建っているため、道路からは屋根しか見えません。

車で走っている時に発見したのですが、

思わず「綺麗だな〜」と声を上げてしまいました。

作業小屋をなぜ手間の掛かるむくり屋根にしたのか分かりませんが、

屋根の美しさ、坂を降りていくアプローチ、

小川沿いの敷地といい、秀逸な小屋建築です。




| 無名の建築 | 15:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
世界の小屋から


アメリカ、カリフォルニア州の海岸近く、チャールズ・ムーアが設計した

シーランチというコンドミニアム(共同住宅)があります。

レッドウッドという杉を張った小屋のような建築で、宿泊することも可能です。


写真はそのシーランチではなく、近くに建っている納屋です。

以前ブログにも書いたアンドリュー・ワイエスの絵を思い出します。

シーランチと同じレッドウッドが使われている事から、

ムーア達はこの小屋にインスパイアされてシーランチを設計したのではないかと

言われています。


この写真は某施主さんが、シーランチに行かれた際に撮ったそうです。

この小屋の事を知っていた私はシーランチではなくこの納屋の写真に感動し、

一枚分けて頂きました。(その節はありがとうございました。)

デスクの横に飾ったり、デスクトップの壁紙にしたりと毎日眺めています。

壊される前に見に行かなければ!


| 無名の建築 | 15:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
蒲郡の小屋。


蒲郡で見つけた小屋です。

車で走っているとまず黒い妻側が見えてきて、

「シンプルな黒い小屋があるな。」と見ていました。



すれ違いざまにもう一度見ると、こんな激しいデザイン。



平側(道路側)のデザインがあまりに良かったので、すぐに車を止めました。

パッチワーク建築というか、無作為の継ぎ接ぎ具合が美しい。

対照的に両妻側とも黒いシンプルな外壁にするというバランス感覚も凄いです。



とても気に入っている小屋なので、取り壊されないことを切に願います。


| 無名の建築 | 15:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
田原の小屋。


先日のGWに海に行ったときに、またかっこいい小屋を発見しました。

屋根の薄さといい、屋根勾配のバランスといい、

外壁を黒くして扉だけ白くするあたりは、なかなか秀逸です。

小屋の裏に回り込む坂道がいい味を出しています。


こんな建築を無意識で作られたらかないません。



| 無名の建築 | 20:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
佐久島の小屋。
私が一番美しいと思っている建築は小屋です。

何処にでもありそうで、美しく作ろうなどと考えず、

ただシンプルに作ろうとした小屋ほど美しいのもがあります。

素型の建築というか、建築の根源のようなものを感じ、

その説得力と存在感に「美しい!やられた!」といつも思ってしまいます。

そんな小屋を見つける度に写真を撮っています。




今回も佐久島でかっこいい小屋を見つけました。

この黒い小屋、板張りで余分な開口部もなくかなり存在感がありますが、

なんといっても手前の大きな籠がいい!

おさらく漁業で使うのでしょう。

小屋に寄り添うオブジェとして見ると本当にかっこいいです。



こらから時々ストックしてある小屋建築の写真を

ブログで紹介していこうと思います。



| 無名の建築 | 15:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |