CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
                     
私の設計事務所です。
CATEGORIES
ARCHIVES
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
「住む。No52」掲載のお知らせ


先日発売された「住む。No52」に幸の小屋と施主さんが

日々のお茶を愉しむという小特集で掲載されました。

小屋の使われ方の断片を美しい写真と共に紹介されていますので、

書店で手に取って頂ければ幸いです。


住宅は生活を引き立てる器であり、

良き背景となるように意識しておりますが、

「建築」ではなく「住まい方」にフォーカスされての掲載は

何より嬉しく思います。

施主のIご夫妻、日々小屋を愛でて頂いていることを改めて感謝いたします。

ありがとうございます。


季刊 住む。




愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする
建築設計事務所 住記屋
| 幸の小屋 | 17:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
小屋の引力


先日、幸の休暇小屋へ行ってきました。

私以外にも来客があったのですが、

貴重な方々とお会いすることができ、貴重なお話も伺う事ができました。

施主さんと小屋の引力は出会いをもたらしてくれるようです。

素敵な時間をありがとうございました。




愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする
建築設計事務所 住記屋
| 幸の小屋 | 18:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
久しぶりの休暇小屋


先日所用で休暇小屋にお邪魔しました。

季節も良かったのですが、緑が一層深みを増し、

小屋とのバランスも良くなっていました。




版築もまだまだ元気な様子。

少し苔が付いてきたので今後が楽しみ。




久しぶりに伺ったのですが、

今でも小屋ライフ?を楽しんで頂いている様子で何よりでした。

使い込んだ家具のような味が出るまで育てて頂ければ幸いです。




愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする
建築設計事務所 住記屋

 
| 幸の小屋 | 17:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
建もの探訪 @幸の休暇小屋


所用で碧南へ行く機会があり、久しぶりに休暇小屋へお邪魔しました。

造園工事の竣工から約一年経ち、庭も落ち着いてきました。

お邪魔した時期も良く、緑の深さに驚きました。





版築もまだまだ元気な様子





外壁も元気そう





窓辺には新入荷の骨董品





建具のスリットから入る木漏陽





建築と庭に癒されながら、施主さんとの骨董談義にも花が咲き、

僅かな時間でしたが小旅行に来たような心地よさを感じさせて頂きました。

Iwさん、いつもありがとうございます。



愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする
建築設計事務所 住記屋

| 幸の小屋 | 13:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
庭園探訪 @幸の休暇小屋


久しぶりに幸の休暇小屋へ行ってきました。

造園工事の2期工事が終わり庭が落ち着いてから初めて伺ったのですが、

はっきり言って別世界になっていました。

「未完」と「完成」はこれ程違うものかと驚きました。


建築の佇まい、点景物の寸法と配置、

樹木のバランスと作庭の密度。

「できた・・・。」

感慨深さと共に心に浮かんだ言葉はこれだけです。




版築も元気そうな様子。

まだまだ若々しいピン角でした。




小屋から庭を眺めると無言になってしまいます。




愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする
建築設計事務所 住記屋

| 幸の小屋 | 16:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
竣工記念会


一か月近く前の話になってしまいましたが

幸の休暇小屋の施主さんに版築竣工記念の食事会を開いて頂きました。

ご招待を受けたのは版築制作に関わった美合の家のご夫妻と私達。




小屋で四方山話をしていると休暇小屋の施主さんから

竣工記念品として沖澤康平さんのグラスを頂いてしまいました。

軽やかで涼しげなのでこれからの季節にピッタリです。

お気遣い頂き、ありがとうございました。


気の合う人と美味しい食事と心地よい空間。

この日は夕方から夜更けまでゆったりとした時間を

過ごさせて頂きました。







愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする
建築設計事務所 住記屋

| 幸の小屋 | 16:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
版築土塀 結果発表


先日施工した版築土塀はついに型枠解体の日を迎えました。

実はテストピースが上手く固まっていなかった事で

不安いっぱいの庭師鈴木さん。(私も報告を受けていた。)

口を開けば上手く行っていなかった場合の話ばかり。

こんな不安そうな鈴木さんを初めて見ました。




鋼管をバラしていよいよ型枠解体。

施主さん自ら解体して頂きました。




外した途端に歓声が!




無事固まっていました!




角もピンピンで型枠の板目もしっかり出ています。




表と裏の湿度の違いで型枠を外した途端、板が一気に反りました。




小屋からの眺め。

これから土塀周辺の植栽、飛石工事に入ります。




路地から見るとちょこんと土塀が佇んでいます。

基本的に土なので庭にあっても違和感がありません。

これをRCで作ったら違和感が出るかと思います。




小屋と向き合う土塀。

土塀と向き合う小屋。

ご対面したばかりで緊張している様子。




ご主人に薄茶を点てて頂き、祝杯を挙げました。

芳光のわらび餅が食べれるなんて・・・何年振りでしょう。

ごちそう様でした。




土塀はここから徐々に風化して行きます。(写真の人達も一緒に?)

末永く時間の経過を映して欲しいと思います。




日本赤十字社 東北関東大震災義援金のご案内


愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする
建築設計事務所 住記屋


| 幸の小屋 | 21:15 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
珈琲茶会


先日、幸の休暇小屋で珈琲茶会を催しました。

今回の亭主は美合の家のItさん。

一度完全に空にした小屋にItさんの私物をしつらえて頂き、

その品々を鑑賞しながら珈琲を頂くという趣向です。




窓際に置かれた古いガラス瓶や小物達。

光を受けて何とも言えない色を発していました。




こちらは、炭酸水を入れていた瓶。

非常に珍しいらしく、その後私も検索してみたのですが

なかなかヒットしませんでした。




洋の雰囲気漂うアンティークの品々。(値札は付いていませんでした!)

休暇小屋の施主さんはどちらかと言うと和の品を多くお持ちなので

小屋空間は一味違った雰囲気でした。




RC衝立の上にも番犬が。




暗くなってから茶会を始めました。

休暇小屋の施主さんも小屋で珈琲を頂いたのは初めてとのこと。

私も初めて頂きましたが、小屋は洋の空間へと変化し

洋の茶事を行っても違和感なく納まっていたように感じました。


さすがItさん!素敵な空間と時間をありがとうございました。

一日限りの儚さも一興ですが、ぜひもう一度お願いしたいと思います。







日本赤十字社 東北関東大震災義援金のご案内


愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする
建築設計事務所 住記屋

| 幸の小屋 | 21:29 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
版築土塀を造る


幸の休暇小屋は造園の2期工事が始まり、

今回の目玉である版築土塀を庭に造りました。


材料は山砂、石灰、セメント、藁などを

鈴木庭苑の鈴木さん秘伝の配合で配合し



1800×900×450程度の型枠を組み

(写真上:施主のご主人)




一層あたりバケツ4杯ほどの材料を流し込み




3、4kg程の鉄製たたき棒で土を締めていきます。




固くなるまで突き続けては土を入れ、突いては土を入れの繰り返し

一回で2cm程度しか進みません。

この作業は非常に体力を消耗するので、

一層仕上げたら別の方と交代するようにして進めました。




参加者は施主のご主人と奥様と




縁あって美合の家のご主人と




美合の家の奥様と




体の細さと麦藁帽から「カカシ」と呼ばれた運動不足の私。

(相方は事情があり見学)




朝から始めた作業は、午後4時頃には頂上へ。




天端の仕上げは叩きゴテでひたすら叩き続け




最後はコテを使って全力で磨き上げます。

この最後の仕上げが最も過酷で、完全に磨き終わった時には夜7時。

皆さん本当に、本当にお疲れ様でした。


これ程単純で、これ程作り手の想いを込める作業はなかなかありません。

素人集団ではありますが、誰一人手を抜かず

ひたすら版築と向かい合いました。

一週間ほど養生をした後、型枠を外します。

どうか美しい姿で生まれて来ますように!




日本赤十字社 東北関東大震災義援金のご案内


愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする
建築設計事務所 住記屋
| 幸の小屋 | 00:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
久しぶりの休暇小屋


先日、久しぶりに「幸の休暇小屋」の施主さんと小屋に

会いに行ってきました。

相変わらず生活を楽しんでいらっしゃる様子が、

部屋の雰囲気、室礼から伝わってきます。




この日、小屋の炉には初めて見る四方釜が自在鉤に掛かっていました。

羨ましくなってしまう程の道具を拝見し、

一服頂きながら小屋空間を堪能したのですが、

あることに気付きました。

「スケール感がずれている・・・。」

現場監理から竣工後しばらく何度も訪れていた空間ですが、

久しぶりに身を置くと以前よりも30〜50mm程度小さく感じました。

窮屈さではなく私にとっては心地良い小ささを感じたので

良かったのですが・・・。

障子をずっと閉めていたからかもしれませんが謎です。


これから、春に向け造園工事の二期工事が始まります。

楽しみがまたひとつ増えました。







日本赤十字社 東北関東大震災義援金のご案内


愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする
建築設計事務所 住記屋
| 幸の小屋 | 00:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/3PAGES | >>