CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
                     
私の設計事務所です。
CATEGORIES
ARCHIVES
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
庭の写真をアップしました。


高台の家は庭が落ち着き始めたので、改めて写真を撮らせて頂きました。

写真上:before


写真下:after 作庭/鈴木庭苑



撮影が秋口になってしまったので、少し葉が落ちてしまいました。

数枚の写真ですが事務所サイトの写真を入れ替えましたので、

お時間のある方はこちらもご覧ください。→




愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする
建築設計事務所 住記屋
 
| 高台の家 | 15:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
造園工事完了


高台の家は造園工事が終わったとの事で見学に行ってきました。

今回の工事は居間の前庭になるところなので重要なところです。

贅沢な石組と軽やかな緑が良い雰囲気。

遠景に多くの緑が見えるのですが、やはり近景も大切です。

改めて造園の重要性を感じました。




愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする
建築設計事務所 住記屋

| 高台の家 | 15:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
高台の家 造園工事中です。


高台の家は造園工事中です。

庭の面積が大きすぎたため2期に分けて工事を行いました。

今回はその2期工事。点景物も多く、仕上がりを楽しみにしています。




1期工事分の枝垂梅も元気そうな様子。

施主さんとも久しぶりにお会いしたのですが、

立ち話をしながらも思わず枯葉を拾ってしまう様子から

庭への愛着を感じてしまいます。




その愛情に応えた杉苔。

元気過ぎて心配になります(笑)




愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする
建築設計事務所 住記屋


 
| 高台の家 | 15:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
造園工事が終わりました。


高台の家は先日造園工事が完了しました。

道路後退部分は芝張のみですが、

幅が20mもあるので存在感がしっかりあります。




今回は門周りを中心とした造園工事です。




施主さんの希望された枝垂梅を手掛かりに

造園の方向性が決まっていきました。

いつになく和の雰囲気を強く感じます。




何も植わっていない状態からの変化の幅は相変わらず凄いと思います。

やはり建築には緑が必要だと改めて感じました。




愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする
建築設計事務所 住記屋

| 高台の家 | 17:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
造園工事@高台の家

高台の家は造園工事が始まりました。

工事はいつもお世話になっている鈴木庭苑さん。

炎天下の中での作業、ご苦労様です。

下草が植わっていない状態ですが、すでに良い雰囲気。




今回はアプローチ、門周りの造園工事となりますが、

施主さんとの打ち合わせで、果樹を多く入れました。

時が経ち、アプローチに木陰を作り、

旬の時期には美味しい実を付けてくれることを願います。




愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする
建築設計事務所 住記屋

| 高台の家 | 16:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
竣工写真をアップしました。


先日竣工した高台の家は事務所サイトに竣工写真をアップしました。


掲載した写真は私が撮った暫定的な写真です。

外観のカット数が少なく、夜景は一枚も撮っていない状態で

申し訳ありませんが、お時間のある方はリンク先をご覧ください。

最終的に庭木が入り、家具が入った状態でプロにお願いしたいと思います。


高台の家ページへ




日本赤十字社 東北関東大震災義援金のご案内


愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする
建築設計事務所 住記屋

| 高台の家 | 00:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
飛石を打ちました。


高台の家は外構工事に入り、

先日採石場から引き揚げてきた飛石と沓脱石を据えました。

通常このような工事は造園工事としていますが、

今回は事情があり外構工事としました。

よって私が石選びと配置を決定しなければならず苦心しました。

茶室の路地ではないので別に型はないのですが、

自分なりの根拠が欲しいところです。


写真上、手前は門から玄関へ向かう主となる敷石。

奥のテラスまでの飛石が難題でした。

一歩目は、敷石とその先の切石の間に唯一見つけた錆の自然石へ。

この石で手前と奥の縁を一度切りました。

材料が限られていたので、切石で距離を稼ぎ三連打の飛び石へ。

(団子ざしだけは気を付けたつもりです。)

沓脱石と二番石は長い一本の切石を二つ割にして据えてみました。




仮置きした状態で何度も何度も石を渡りましたが、

たったこれだけの距離で悩みに悩みました。

見栄えだけでなく、どうしたら流れるように渡れるのかと

考え出すと一歩目からなかなか決められません。

自分なりに一生懸命まとめたつもりですが、

造園工事に入った時の庭師さんの採点が怖いです。




大型の沓脱石も無事納まりました。




日本赤十字社 東北関東大震災義援金のご案内


愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする
建築設計事務所 住記屋

| 高台の家 | 17:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ストーンハンティング


高台の家は外構工事の段取りをしています。

この日は先日採石場で選んだ石のピックアップ。

さらに追加の石を施主さんとハンティングしてきました。


当たり前の事ですが、自然の石なので

イメージ通りの顔をした石がなかなか見つかりません。

それでも場内にある目ぼしい石はすべて目を通し、何とか数を揃えました。

これから外構工事に入ります。







日本赤十字社 東北関東大震災義援金のご案内


愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする
建築設計事務所 住記屋
 
| 高台の家 | 00:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
嫁ぎました。



しばらく書き込みがありませんでしたが、

高台の家は外構工事が残っているものの、本体の引渡しが終わりました。


打合記録を紐解くと初めて施主さんにお会いしたのは2010年2月。

長いようで短い2年間は振り返ると感慨深いものがあります。

施主さんからも労いと喜びの言葉を何度も頂きましたが、

私にとって何よりの報酬でした。


またひとり愛娘(手塩に掛けたこの家)が嫁ぎます。

施主さんと共に穏やかな時間を重ねて欲しいと心から願います。




日本赤十字社 東北関東大震災義援金のご案内


愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする
建築設計事務所 住記屋

| 高台の家 | 00:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
照明チェックへ


高台の家は先日照明チェックを行いました。

空間の広さ、高さが変われば適切な照度も変わってくるので

照明計画は非常に難しく、何と言っても経験がものを言います。

設計段階で想定した照度と実際の空間で感じる照度との差が無いか

今回もチェックに行って来ました。




このチェック作業のときに初めて夜景を目にするのですが、

どの物件も感動してしまいます。

いよいよこの家にも血が通って来ました。


そして愛娘が嫁ぐ日も近づいて来ました。




日本赤十字社 東北関東大震災義援金のご案内


愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする
建築設計事務所 住記屋
| 高台の家 | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/3PAGES | >>