CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
                     
私の設計事務所です。
CATEGORIES
ARCHIVES
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
建もの探訪 @むくり屋根の家


先日、久しぶりにむくり屋根の家へ。

小さなお子さんがみえるので、子供が幼い時だけでも

階段手摺や吹き抜け周辺に転落防止ネットを取り付けたいとの話があり、

施工打ち合わせをしていたのですが、

ようやく取り付けが終わったとの事で確認に行って参りました。





ネットはだらしなく垂れていると仮設のようになるので、

ワイヤーも使って綺麗に納めてもらいました。

ネットの色も黒にしたのであまり存在感なく納まっていました。





この日は娘も連れて行ったのですが、お天気も良かったので

施主さんのお子さんと庭で遊ばせてもらいました。


テント遊びをしていると・・・






自分の手よりも大きな玉石をどんどんテントに運びだし・・・






素敵な作品の完成。

年を取ると・・・ではなく、親になるとこんな事でも感動するようです。

自分の設計した家で元気に遊びまわる施主さんの子の姿を見ることは

設計者としても幸せを感じる瞬間です。


Aさん、Dくん、Tくん、

ゆったりとした幸せな時間をありがとうございました!

気難しい娘ですが、また遊んで頂ければと思います。




愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする
建築設計事務所 住記屋
| むくり屋根の家 | 15:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
竣工写真をアップしました。


むくり屋根の家の竣工写真を整理しました。

年内に何とか間に合い、事務所サイトへアップしましたので

お時間のある方はこちらをご覧ください。→


本年はこれで最終アップになってしまうかと思います。

私達に関わって頂いた皆様、本年もありがとうございました。

どうぞ良い年をお迎えください。

来年も引き続き宜しくお願いします。




愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする
建築設計事務所 住記屋
| むくり屋根の家 | 16:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
竣工祝いの席


先日、むくり屋根の家の施主さんから

竣工祝いの席として食事会のご招待を受けました。

当日は、監督さんと棟梁もご招待を受け、

棟梁が最も手間の掛かった和室の広間で食事を頂きました。

(その時の写真を撮り忘れました・・・。)


長期に渡る工事でしたが振り返ってみると

早かったように感じるから不思議です。

造園工事も終わり落ち着き始めた庭を眺めながら

感慨深さと共に頂くお食事は格別でした。

Kご夫妻、お父さま、お母様、心地よい時間をありがとうございました。




落ち着き始めた庭。

再利用された解体前の家の基礎に使われていた延べ石。

手加工の痕跡が良い味を出しています。




広縁より眺める庭。

造り込み過ぎず丁度良い雰囲気です。




改めてみるとやはり瓦屋根は魅力的です。

個人的には使いたいと思っている素材なので

瓦屋根の家をご検討の方は、ぜひお問い合わせください(笑)




愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする
建築設計事務所 住記屋
| むくり屋根の家 | 14:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
造園工事@むくり屋根の家


むくり屋根の家は造園工事中です。

すでに主要な樹木が座っています。

通りからの雰囲気も柔らかくなりました。





門をくぐるとこんな雰囲気。





主庭の全景。

空地が庭に変わっただけで建築も変わってしまったかのように感じます。

地被はこれから施工して行きます。





玄関前。

左に少し見える延石は解体した古家で使われていた基礎石。

その当時手加工したノミ痕が良い味を出しています。

瓦屋根は久しぶりに設計したのですが、やはりいい雰囲気。

理屈ではなくDNAに沁み込んでいるという感じ。

個人的には好きな素材です。





奥書院前の北庭。

この灯篭も石も昔の庭で使われていたもの。

一転して和の庭にして頂きました。

しっとりした雰囲気になればと思います。





玄関ホールに面した坪庭。

樹形の良いモミジが入りました。(これは本当に良かった。)

手水鉢も再利用しています。

現場に行ったとき手水鉢は庭に対して芯に入っていました。

これは個人的な好みだとは思いますが、

第一印象は芯ズレした方が良いのでは?と感じました。

庭師の鈴木さんとも話し合い最終的にはずらして頂きましたが、

いかがでしょうか。




愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする
建築設計事務所 住記屋

 
 

| むくり屋根の家 | 18:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
門が完成しました。


むくり屋根の家は門が完成しました。





門の屋根は軽やかに板金で葺くか迷ったのですが、

施主さんと話し合って瓦屋根に。

全体の雰囲気を見ると瓦で良かったと思います。




現在は建築工事がほぼ終了し、造園工事に入っています。

施工は鈴木庭苑の鈴木さん。

表庭、裏庭、中庭など複数の庭が点在し、

それぞれ質の違う庭を楽しめるよう設計しているので、

造園の仕上がりを楽しみにしています。




愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする
建築設計事務所 住記屋
 
| むくり屋根の家 | 15:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
無事上棟しました。


むくり屋根の家は門が上棟しました。





門と言っても接合部がすべて現しになっている上、

顔になる部分のため建築金物は見せられません。

実は見えないところで物凄い手間が掛かっています。




久しぶりに門を設計しましたが、

来客を「いらっしゃい」と迎えてくれるような軒のある門はいいものです。

どことなく安心感を覚えます。




愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする
建築設計事務所 住記屋
 
| むくり屋根の家 | 23:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
外構工事に入っています。


しばらく書き込みがありませんでしたが、

むくり屋根の家は本体工事が終わり、門塀など外構工事に入っています。


門も瓦屋根を乗せているため一通りの工事があります。

この日は木材の検査と木配り、加工打ち合わせを行いました。

梁材に桧の2間物で背を5寸、無地で取ろうと思ったのですが、

一般的に流通しておらず、手配に時間が掛かっていました。

米松やヒバも勧められたのですが桧を諦めきれず、

結局丸太の状態から挽いて貰いました。

節の加減は出たとこ勝負となりましたが、結果は小節程度で納まりました。




現場はRCの下地ができた状態、

2回目の上棟に向けて打ち合わせが続いています。




愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする
建築設計事務所 住記屋

| むくり屋根の家 | 21:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ストーンハンティング


むくり屋根の家は造園工事の下打ち合わせが始まっています。

この日は鈴木庭園の鈴木さんと施主さんも一緒に

幸田にあるタケヒロ産業さんにお邪魔して沓脱石を探しました。

沓脱石の形にもいろいろ作法があるのですが、

イメージに合う素材とサイズを含めると出会いに賭けるか、

オーダーして加工してもらうしかありません。




在庫品をすべて見せて頂いたのですが、

四尺の庵治石(写真手前)で使えそうな石が運良く見つかりました。

結論は出ませんでしたが、この石が最有力です。

素材として気になったのは奥の木曽石。

一時期流行ったとの事ですが、寂びた雰囲気が良い味を出しています。


石と言ってもそれぞれ雰囲気が全く違うので面白いのですが、

建築と庭の雰囲気に合わせようと思うとやはり慎重になります。




愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする
建築設計事務所 住記屋

| むくり屋根の家 | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
外構工事が始まりました。

むくり屋根の家は門、塀工事が始まりました。

門と言っても瓦屋根も乗るので一通りの工事があります。

顔になる部分なので細かな施工打ち合わせが続いています。




愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする
建築設計事務所 住記屋
| むくり屋根の家 | 14:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
造作完了


むくり屋根の家は造作が完了し、大工工事がひと段落しました。

最後に道具を片づける大工さん。

お疲れ様でした!



最後まで残っていた奥の書院も完了。

古い茶箪笥が入るため地袋を抜きましたが、

型通りのあっさりとした造りにしています。




ただ、床天には一畳ほどの杉の無垢板が入っています。

実は床柱や床板よりここが見どころなのですが、

「どうだ」と言わんばかりの見せ方よりも

目につかないところに重きを置く方が品が良いように思います。




キッチンの取り付けも完了し、

現場も慌ただしくなってきました。




愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする
建築設計事務所 住記屋

| むくり屋根の家 | 23:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/3PAGES | >>