CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
                     
私の設計事務所です。
CATEGORIES
ARCHIVES
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
無事竣工しました。

 

回廊の家は先日無事竣工、引き渡しとなりました。

 

元々スケジュール的にもゆとりがあったのですが、

 

約3年に及ぶプロジェクトがひと段落となりました。

 

 

家具工事がふくなりさんという事もあり、

 

施主さんだけでなく周囲の方々の期待にも応えるべく

 

丹精込めて練り上げました。

 

今年2回目の完全燃焼です。

 

 

引き渡し前に内覧会を行ったのですが、

 

WEB内覧会的にざっと仮の写真をアップします。

 

 

 

玄関正面は地窓となっており、中庭への視界をあえて絞りました。

 

中庭周辺は木製建具で納めており、柔らかい雰囲気に。

 

中庭はデッキスペースと植栽スペースを確保しています。

 

今後造園工事を進めて行きます。

 

 

 

 

地窓に沿って進むとLDKへ。

 

 

 

 

ダイニングキッチンは中庭側へ。

 

外からの視線も無いのでデッキに出てランチやお茶も楽しめそうです。

 

庭も眺められるキッチンは心地よいスペース。

 

このキッチンがふくなりさん。

 

 

 

 

中庭より、LDK。

 

 

 

 

ダイニング横は畳敷きの居間。

 

結果和室的ではありますが、あくまで畳敷きの居間です。

 

右隅の書斎コーナーは掘りごたつになっており、

 

腰掛けて使うことが出来ます。

 

(文机が竣工に間に合いませんでした)

 

ちょっとした居場所があるだけで空間に深みが出るような気がします。

 

 

 

 

トイレ前の手洗いカウンターもふくなりさん。

 

建築を家具のグレードを合わせなければ!と

 

こんな小窓も木建で納めている辺りに

 

設計者の感じていた重圧が表れています(笑)

 

 

 

 

なんてことは無い廊下ですが、

 

どこかに天窓を・・・という施主さんの話から

 

普段あまり使ったことの無いトップライトを。

 

ここの廊下はあえて他から光が入らないようにしています。

 

 

 

 

玄関の下足棚。

 

今回家具工事は本当に頑張って頂き、

 

私も家具の重要さを改めて認識しました。

 

 

細部に神が宿るかは分かりませんが、

 

家具に魂は宿っていると感じます。

 

 

 

 

そして、

 

その棚の上に落ちる光には神々しさを感じました。

 

 

 

施主のMさんご夫妻、ふくなりさんご夫妻。

 

現場監督はじめ多くの職人さん。

 

永きに渡りお付き合い頂きありがとうございました。

 

今後ともどうぞ宜しくお願いします。

 

 

 

 

| 回廊の家 | 17:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
内覧会を行いました。

 

回廊の家は先日内覧会を行いました。

 

不特定多数を目的としたオープンハウスとは違い

 

予約制にして一組一組ゆっくりご案内しました。

 

現在相談頂いている方々だけでなく

 

過去の施主さん(現:住記屋評価委員会)にもご参加頂きました。

 

 

 

 

家具を製作して頂いたふくなりさんの家具たちも無事間に合いました。

 

ギリギリまで作業して頂いたとの事。

 

大変お疲れ様でした。

 

 

中庭は少し寂しい状態でしたが、

 

追々造園工事も進めていければと思います。

 

 

 

内覧にご参加いただいた皆様。

 

週末にも関わらず現場まで足をお運び頂きありがとうございました。

 

今後のご参考になれば幸いです。

 

引き続き宜しくお願いします。

 

 

 

 

| 回廊の家 | 17:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
キッチンが取り付きました。

 

回廊の家は先日キッチンの取り付けを行いました。

 

 

 

 

今回家具の製作はすべて木工ふくなりさん。

 

家具についてはコストの壁をなかなか越えられず

 

普段は突板を多用しているのですが、今回な贅沢にもすべて無垢仕様。

 

素晴らしい質感です。

 

 

 

 

トイレ前の手洗カウンターや洗面、

 

食堂、居間、玄関の下足棚に至るまでふくなり仕様。

 

家具が良いのに、建築がね・・・

 

とならないか心配だったのですが、

 

背景に徹したので家具が引き立っていると思います。

 

 

・・・と言って逃げる。

 

 

 

普段ツマミは付けない事が多いのですが、

 

今回はふくなりさんの好きなように制作して頂きました。

 

ツマミもひとつひとつ手作りされているとの事。

 

小さくて手の込んだもの好きにはたまらない一品。

 

僅かな刳型が素敵なだけでなくツマミ心地も良いんです。

 

 

庭の大切さは常々感じているのですが、

 

素材や納まり、細部も含め

 

家具の大切さを改めて実感しました。

 

 

 

 

| 回廊の家 | 15:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
外壁工事が終わりました。

 

回廊の家はその後も順調に工事が進み、

 

外壁の工事がほぼ終了しました。

 

外周部はコストとメンテナンスの都合もありガルバリウムの横張。

 

それでも軒裏と開口部は木を使い、柔らかい雰囲気を残しました。

 

 

 

 

中庭周辺は土壁の様な塗り材を使います。

 

写真上は下地モルタルの状態

 

最近流行の雰囲気です。

 

 

 

 

モルタル下地の上に仕上げを行って行きます。

 

人の手で表情を作って行くので

 

イメージの擦り合わせのため現場に立ち会いました。

 

 

 

 

仕上がりはこんな雰囲気。

 

広角ではないので全体を捉えきれませんが良い雰囲気になりました。

 

 

 

 

内部造作も進み、雰囲気が出て来ました。

 

 

 

 

| 回廊の家 | 16:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
順調に進んでいます。

 

回廊の家は順調に工事が進んでいます。

 

中庭と回廊の雰囲気も出て来ました。

 

 

 

中庭に対してフルオープンにするのではなく、

 

絞るところは絞り、開くところは開くよう調整しています。

 

中庭周辺は木建で納めて行きます。

 

 

 

 

| 回廊の家 | 18:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
無事上棟しました。

 

回廊の家は先日建前を行いました。

 

いつものように天候だけを気にしていたのですが、

 

現場監督の晴れ男力が勝ったようで、晴れ過ぎるほど晴れてしまいました。

 

立ち会っているだけの私でも頭がクラクラしてきます。

 

 

 

構造部材が組まれていく様子は構造的な力の流れ方も再確認できるので

 

いつ見てもワクワクします。

 

一部特殊な架構をしているのですが、

 

すべての部材が納まった時にはガッチリと固まっていました。

 

設計時にイメージしていた力の流れがその通りに納まる様を見て

 

密かに「おぉ〜いいね〜」と言ってしまいました。

 

 

 

野地板が伏せられると中庭の雰囲気も出て来ました。

 

 

 

普段は見えないので残念なのですが、

 

折り重なるような屋根もいい雰囲気です。

 

 

 

一日の作業を終了し、施主さんを含め上棟式を行い、

 

工事の安全と無事竣工を迎えれるよう祈願いたしました。

 

現場監督はじめ、職人の皆さん、宜しくお願いします。

 

 

 

 

| 回廊の家 | 17:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
木材検査を行いました。
 
回廊の家は先日木材検査を行いました。
 
図面上、木材の品質を指定しているのでその確認と
 
化粧材(目に見える部材)を配ります。
 
写真上の梁材は化粧材。
 
一番手前の4m材、米松ですが特に素晴らしい木目が出ていました。
 
 
 
柱材も含水率などを抜粋検査して行きます。
 
写真上は貼物ではなく無垢材です。
 
 
 
今回の木材検査には施主さんも同行して頂きました。
 
普段は工作機械を組み上げる仕事をされているとの事で、
 
木材だけでなく工場にも興味を持って頂いたそうです。
 
作業服で駆け付けた施主さんはこの中に居ます(笑)
 
 
 
仕口の加工機に見入る施主さん。
 
加工機のヘッドを何種類も使い分けながら次々加工して行きます。
 
それまであまり考えませんでしたが、かなり高度な動きをしていました。
 
 
これから7月上旬の建前へ向けて準備を進めていきます。
 
 
 
 
| 回廊の家 | 18:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
配筋検査を行いました。


回廊の家は基礎工事に着手しており、配筋検査を行いました。

約38坪の平屋ですが、壮観なまでの鉄筋量。

相変わらず難解な配筋にも関わらず、

とても丁寧に組んで頂けました。

 


別の日、ベース部分の打設が終わり、

土台アンカー、設備用スリーブの検査へ。

全数検査を行い部分的に調整して頂きました。
 
現在はコンクリートの打設も終わり養生中。

建て方へ向けて、準備を進めます。




愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする
建築設計事務所 住記屋
| 回廊の家 | 16:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
地鎮祭を行いました。


回廊の家は先日地鎮祭を行いました。

いつもの如く天候を気にしたいのですが、

今回担当の現場監督は晴れ男らしく早速助けられました。




ご家族皆様、親類も含めご参列いただき、

工事の安全と無事竣工を迎えられるよう祈願いたしました。

秋の竣工を目指して、いよいよ着工となります。




愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする
建築設計事務所 住記屋
| 回廊の家 | 12:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
見積図が上がりました。


回廊の家はひとまず見積図が上がりました。

必死に業務を進めてきたつもりでしたが、

ここまで来るのに1年半近く掛かってしまいました。

Mさん時間が掛かってしまい申し訳ありませんでした。

引き続き宜しくお願いします。




愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする
建築設計事務所 住記屋
| 回廊の家 | 17:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/2PAGES | >>