CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
                     
私の設計事務所です。
CATEGORIES
ARCHIVES
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
和紙選び

 

間の小屋は壁に和紙を張ろうと考えています。

 

ただ、和紙を壁に貼るのはあまり一般的な事ではないため

 

まず職人探しから始めていました。

 

表具師さんからの紹介もあり、ある唐紙屋さんに辿り着きました。

 

 

 

話を伺うと実際に壁に和紙を貼ったこともあるとのことですが、

 

壁の角、壁と天井の取り合いが洞床の様にすべて丸面なので

 

和紙の施工は至難の業とのこと。

 

仕上がりの加減は職人頼みとなりますが、

 

元々誰もやったことの無い事をやろうとしているので、

 

挑戦して頂けるだけでも本当に有難いと思います。

 

 

これですべてのピースが集まりました。

 

今月より施工準備を進めて行き、

 

11月上旬の竣工を目指します。

 

 

 

 

愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする
建築設計事務所住記屋

 

 

| 間の小屋 | 15:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
銘木店へ

 

間の小屋は先日材木を探しに銘木店へ足を運びました。

 

こちらは名古屋にある丸ス松井材木店

 

家具のふくなりさんからの紹介です。

 

 

 

道路際には製材される前の丸太がゴロゴロしています。

 

この状態で仕入れていること自体、今となっては珍しいと思います。

 

 

 

丸太の状態でもしばらく木は生きているそうで、

 

倒木後もご覧のように芽吹いています。

 

生命の力をひしひしと感じると共に

 

木材と言えども命を頂いているんだなと実感します。

 

 

 

 

製材されている木材のストックヤードへ

 

確かに一般的な木材ではなく面白い樹種、

 

面白い由来の木材が沢山。

 

材木談義に花が咲きました。

 

 

 

 

今回ピックアップさせて頂いた杉板。

 

日光東照宮の境内から出た杉との事。

 

それを聞いただけで神々しく見えてきます。

 

板戸と外壁の一部に採用予定。

 

もう一つ、床板用の桐をピックアップさせて頂きました。

 

 

永く続いているプロジェクトですが、

 

一歩一歩進んでいます。

 

ある職人さんから「雲を掴む様な話だね〜」と言われましたが

 

何とか掴みたいと思います。

 

 

 

 

愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする
建築設計事務所住記屋

 

 

| 間の小屋 | 12:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
一畳の小屋の模型

 

 

間の小屋の模型が完成しました。

 

1/1スケールのモックアップが先で

 

1/10スケールの模型が後になってしまったのは妙ですが。

 

納まりの確認や素材の検討、職人への意図の伝達などなど

 

やはり模型の必要性を感じます。

 

 

 

 

普段は少し窓を開けて躙口の様に使います。

 

 

 

 

フルオープンすると東屋の様に腰掛けて使えます。

 

 

 

 

既存の樹木に寄り添うように配置するため

 

緩衝する枝ではなく軒を一部カットします。

 

露地も樹木を回り込む様に。

 

 

 

 

小さなトップライトがひとつ。

 

模型の様に光の筋を描いてくれることを願います。

 

 

一畳の小屋

 

極小の空間ですが必死に向き合えば何かが生まれると信じます。

 

 

 

 

 

| 間の小屋 | 18:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ストーンハンティングへ

 

間の小屋は先日、石材を探しにタケヒロ産業さんへ行きました。

 

目的は小屋の束石と建具のレールが納まる敷居を探すこと。

 

ストックヤードの石材を見回っては掘り出せるだけ堀だし、

 

これは!と思える石をピックアップして行きました。

 

 

 

 

小屋は6つ脚となる予定なので6個+予備を1個

 

 

 

 

敷居は黒御影の切石をピックアップ。

 

次回は銘木店にて木材のハント予定です。

 

 

 

 

| 間の小屋 | 10:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
原寸模型

 

記事が前後しますが、原寸模型の最終話を書き忘れていました。

 

この日は開口部の再確認と検討です。

 

 

 

 

完成したら使おうね!と言っていた俵屋のシエスタマット。

 

我慢しきれず使ってしまいました・・・

 

 

 

 

ごろ寝をすると足元側にトップライト。

 

 

 

 

軒を切欠いてまで残した枝葉。

 

ここまでシャープに切り取れるか・・・

 

納まりをじっくり考えます。

 

 

 

 

もう一つは風抜きのための突き上げ窓

 

こちらもいかに簡素に作るかがポイントです。

 

作り込まないように作る

 

そんなバランスを目指します。

 

 

 

 

| 間の小屋 | 18:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
素材探し 土壁編

 

しばらく書き込みができませんでしたが間の小屋はその後、

 

工務店さんとの打ち合わせを進めながら素材探しを進めています。

 

 

 

 

この日は工務店さんの土場を借りて、土の色味、質感を打ち合わせました。

 

この壁は純粋に土を水練りしたもの。

 

色粉も使っておらず、土の色だけで発色しています。

 

 

 

 

油絵の様にイメージに合いそうな色味を出していきます。

 

白土と黄土に砂と藁すさを混ぜることで決定しました。

 

 

 

 

こちらは土場の建物の外壁。

 

ここまで朽ちると素敵です。

 

 

素材探しはまだまだ続きます。

 

 

 

| 間の小屋 | 18:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
原寸模型

 

間の小屋は前回に続き原寸模型の制作を行いました。

 

この日は製作済みのフレームと段ボールを使って

 

内部空間の寸法、開口部の検討を行っていきます。

 

 

 

 

流石に段ボールは施工性も良く、

 

 

 

 

比較的スムーズに組み上がりました。

 

 

 

 

白と素地の段ボールを手配したので、

 

内部の質感はそれなりに出ています。

 

現段階では床は桐、壁は和紙を想定しています。

 

天井が悩ましいところ・・・

 

 

 

 

あれこれ検討しながら地窓を切り、

 

施主さんに腰かけて頂きました。

 

 

 

 

最終的に決定した地窓の寸法。

 

僅かな寸法の違いでプロポーションや

 

外部の見え方がまったく変わります。

 

図面だけでは絶対見えない寸法です。

 

 

 

 

この日は地窓とトップライトを決定してタイムアップ。

 

恐るべし一畳の小屋・・・

 

単位面積辺りの入魂率が半端ないことになっています。

 

次回は引き続き開口部の検討、

 

仕上材の検討を行っていきます。

 

 

 

 

| 間の小屋 | 18:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
原寸模型


間の小屋は前回から引き続き原寸模型の制作を行いました。

骨格は固まりつつあったので・・・




今回は骨組みに薄い布を張り、線を面にして行きます。

外壁を張り・・・




屋根を包むとボリューム感が出て来ます。




薄い皮膜はそれだけで美しく、浮遊感があります。

仮設の建築だからこそ出せる質感。

「霞の茶室」と銘打って、一服頂きたい気分です。




内部からの眺めはさらに幻想的で、朝靄に包まれている様に感じます。

モノクロ写真のように映っていますが、実際にこの様な色彩で見えました。


内部のスケール感としての第一印象は、

「思ったよりも広い・・・」

外皮が透けている事もありますが、一人で身を置くには十分です。




庇と既存樹木の幹が当たってしまうので、

一部庇をカットし、幹を抱き込もうと思います。




天井を見上げると、屋根は枝葉に覆われていることに気付きます。

このまま切り取ってテキスタイルとして使いたいくらい。


霞の茶室・・・ではなくモックアップを前にして

改めて今回の小屋は開口部が命であることが分かりました。

恐らくまた多くの選択肢が出て来るかと思いますが、

「ここでしかできないこと」を探していきたいと思います。




愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする
建築設計事務所 住記屋
| 間の小屋 | 16:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
原寸模型


間の小屋はプロジェクトがスタートしてから打ち合わせや

スケッチを進めていたのですが、

どれだけ検討しても畳一畳の空間のプロポーション、

開口寸法、位置などイメージが付かなかったため、

現場で原寸大の模型小屋を作ることにしました。




「やらせ」ではなく設計士さん自ら動いています(笑)

この日は全体のスケールや屋根の勾配など

骨格の検討をしました。

これも小屋だからこそできる過程です。




やはり原寸での検討は結論が早く、

モジュールに拘らない方が

全体のプロポーションが良い事が分かりました。

勉強になります。




小屋から見る小屋。

今後は日を改めて窓の検討に入ります。




愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする
建築設計事務所 住記屋
 
| 間の小屋 | 17:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
小屋のプロジェクトが始まります。


小屋好きの皆様

この度、新たな小屋のプロジェクトが始まります。


幸の小屋の施主さんの敷地内に

今度は広さ一畳程の小屋を作ります。

写真上は計画地

庭と駐車場の間に小屋を配置する事から施主さんより考案頂き、

間(あわい)の小屋というタイトルとなりました。


恐らく考えられる最小サイズの小屋となるため

とても難しい計画となりそうですが、

これから想いを形にして行きたいと思います。




現在の庭。




小屋への路地も時間が経つにつれ

深みが出てきたように感じます。




庭も春の気配がして参りました。




愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする
建築設計事務所 住記屋
| 間の小屋 | 15:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |