CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
                     
私の設計事務所です。
CATEGORIES
ARCHIVES
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
京都の旅6 (星のや 京都 娯楽編)


食事を済ませ、ラウンジにて一休み。

部屋にはTVが無いので、ここでCDや本を借りました。



部屋に帰る前に、娯楽室とも言える六畳の和室へ。

ここでは雅な遊び道具が置いてあり、自由に遊ぶ事が出来ます。

私達は投扇興に興じました。

ずっとやってみたいと思っていた投扇興。

的に向かって扇を投げ、その落ち方によって点数が決まっており、

その点数を争う遊びです。



点数表も付いているので安心。



相方の出した五十五点の形。しかも2回出された・・・。

私はどれだけやっても十二点が最高で結局勝てませんでした。

(翌日、有次にて賞品を買わされました。)



ちなみにこれが百点の形。こんなのミラクルです!(注:写真は偽造)



部屋に帰り、結婚記念日のお祝いにとサービスで頂いたシャンパンで

改めて乾杯。ちょっとした心遣いが嬉しかったです。


私は、根が貧乏性だからだと思うのですが、お金を掛ければ良いものが

手に入るという考えに過剰反応してしまいます。

特に設計時には、如何にお金を掛けずに良いもの造るかを考えてしまいます。

しかし、それには「見る目」が必要です。

「見る目」を養うためには、やはり良いものを見なければいけません。

そして、残念ながら良いものは値段も良いのです。

今回のこの宿も分不相応だとは思いましたが、

体験として自分の肥やしになればと思い訪れました。

ここでの体験がいつ自分の仕事に反映されるのか分かりませんが、

有名な宿を体験できた事は良かったと思います。






愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする 
建築設計事務所 住記屋
| 星のや京都 | 17:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
京都の旅5 (星のや 京都 食事編)


夕暮れ時になり敷地内にあるダイニングへ。

コースもあるのですが、あまり量を多く食べたいとは思わないので、

食べたい料理だけを注文しました。




野菜の胡麻和え



鴨肉のロース



蒸穴子のあんかけ、鯛の器に入った赤飯は記念日のサービスです。



鮎の塩焼き、写真には写っていませんが、魚籠に入って出てきました。



私達の中のメイン料理、鱧のしゃぶしゃぶ。



とにかく美味しかった!ワインも最高でした。



温かいお蕎麦を頂いて〆。



最後にデザートを頂きました。


久しぶりに外で二人揃ってお酒を頂いた食事は

時間を忘れるほどゆっくりと過ごしました。

今回の旅は、私の誕生祝いと入籍はしたものの、

仕事を理由に何もしてあげる事が出来ず結婚1周年を迎えてしまった

相方への罪滅ぼしも兼ねていました。

ご満足頂けたと思うのですが・・・それとこれは別ですよね。


次回へ続く・・・




愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする 
建築設計事務所 住記屋
| 星のや京都 | 18:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
京都の旅4 (星のや 京都 客室編)


星のや へ到着後、そのまま客室へ。

私達が選んだ部屋は、比較的奥まった位置にある

「葉雫」というツインルーム。

星のやのサイトの間取図と建築専門誌、新建築に載っていた

宿の配置図を参照しながら部屋からの景色など入念に検討し、

部屋の宿泊代金とも相談しながら決定しました。(必死です・・・)

写真上が私達が泊まった部屋の玄関です。




古い建物を修復しただけあって、品の良い落ち着いた雰囲気です。



障子を閉めるとこんな雰囲気。



部屋からは予想通り?の絶景。



川を挟んで対岸にトロッコ列車が走っています。

それも一興ですが、人工物がまったく見えない景色であれば最高でした。



窓際に置かれている2m角ほどの大きなソファー。

このソファーが置いてあることもこの部屋を選んだ理由のひとつ。

二人で寝転んでもゆったりとしています。



ベットの様子。疲れていた事もありますが、ぐっすり眠れました。



洗面の様子。最近流行りのスタイルですが、落ち着いた水廻りでした。

タオルはすべて今治タオル。使い心地は最高です。

温泉が無いので、各部屋の浴室を利用するのですが、

浴槽は桧、ハンスグローエのシャワーはこれ以上無い程の水圧、

少し暗く感じますが、ゆっくり入れました。


次回へ続く・・・




愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする 
建築設計事務所 住記屋
| 星のや京都 | 21:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
京都の旅3 (星のや 京都 到着編)

施主さんと打ち合わせをしていると時々お聞きする言葉があります。

「○○ホテルが良かった・・・」「ホテルのような空間に・・・」

ここで出てくるホテルや旅館はいずれも有名処。

私達の旅と言えば、時間の許す限り歩き回り、食事はそこそこ、

ホテルは寝るだけの安ホテルという旅ばかりなので、悲しくなります。


建築は空間体験ほど自分の肥やしになるものはありません。

増してや、一晩その建築に体を預けることが出来れば、

感じる事はより多いはずです。

そんな背景もあり、「星のや 京都」へ行ってきました。




嵐山にある「星のや」へは、渡月橋から船で向かいます。

写真上は渡船場の看板です。



船からは渡月橋を見る事もできます。



10〜15分ほど船に揺られると宿が見えてきます。

写真左手に見える建築が宿です。



乗ってきた船もなかなかの造りです。

船に乗るという過程が何やら浮世離れした感覚を与えてくれます。




アプローチの景色。期待が高まります。



管理棟周辺の庭。建築雑誌でも見た風景。



庭はひと目見ただけでよく管理されている事が分かります。

特に苔が美しく、思わず触りたくなってしまいます。



到着するとそのまま予約した部屋へと案内されました。

次回へ続く・・・




愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする 
建築設計事務所 住記屋
| 星のや京都 | 22:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |