CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
                     
私の設計事務所です。
CATEGORIES
ARCHIVES
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
<< 金森正起展へ(ギャルリももぐさ) | main | 木工ふくなり オープニングへ >>
吉村順三の設計図集、作品集

一般の方でご存知の方は少ないかと思いますが、

吉村ファンにはたまらない吉村順三設計図集と作品集を借りて来ました。

ずっと読んでみたいと思っていた本でしたが、久しぶりに建築本で感動。

図面と写真から伝わる身に染みるような心地よさに思わず唸ってしまいます。

私がまだ生まれていもいない頃、1950年〜70年代の住宅は特に美しく、

とても40〜50年も前の設計とは思えません。

しっかり読み込んで勉強します。




愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする
建築設計事務所 住記屋
| 建築 | 17:55 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
住記屋 様

ご無沙汰しております。
いいですね。吉村順三! アントニン&#8226;レーモンドの流れを汲む彼の建築は
居心地の良さの代名詞と言っても良いですね!
吉村の愛したヒューマンスケールを重んじる姿勢は住記屋さんのスタイルにも通じるもの。今後も住まい手の記憶に残る良い住宅を期待してます。
| 美合の家守 | 2014/09/21 8:41 PM |
It様
コメントをありがとうございました。やはり吉村順三を知れば知るほどレーモンドの存在が気になりますね。
時代を超えて美しいと思えるものをつくる人はやはり凄いなと改めて思いました。と同時に今この時代に吉村さんが住宅を設計するのであればどんな建築を造るのか?と考えたりします・・・。
吉村さんには到底追いつけませんが、住まうという事の本質を見失わないよう努力したいと思います。
| 管理者T | 2014/09/22 1:43 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.su-ki-ya.com/trackback/1426200
トラックバック