CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
                     
私の設計事務所です。
CATEGORIES
ARCHIVES
ブログパーツUL5
MOBILE
qrcode
<< 無事上棟しました。 | main | 休息 >>
真鍮の屋根

 

間の小屋は屋根工事へと進んでいます。

 

今回屋根には真鍮を使います。

 

メーカー品という物が存在しないため、

 

真鍮の平板を手加工で曲げて頂きます。

 

写真左は銅板、右が真鍮。

 

この日はサンプルを見ながら対策会議。

 

板金屋さん曰く、

 

「真鍮を屋根に使うなんて日本中どこにもねぇぞ!」との事。

 

「じゃあ、日本で初の板金屋さんになれて良いじゃないですか!」などと

 

冗談を言いながら我がままを飲んで頂きました。

 

 

 

 

改めて現場での施工開始。

 

最終的に5円玉の様に変色するのですが、凄い光景です。

 

金閣寺??金色堂??なかなかお目に出来ない光景です。

 

 

 

 

180mm角のトップライトに苦戦する板金屋さん。

 

小さいからこそ難しいとの事。

 

しかも設計者が屋根からの立ち上がりを小さく納めようとする上、

 

コーキングを見せたくないなどと言うので非難轟々・・・

 

.

 

 

しかし、「黄金に輝く神の手」によって無事納まるのでした。

 

 

 

 

ケラバと軒の納まり、寸法共に徹底して詰めました。

 

真鍮の色は嫌味もなく、白木とも相性が良さそうです。

 

品のある佇まいに納まりました。

 

 

 

 

愛知県岡崎市で住宅を中心に設計活動をする
建築設計事務所住記屋

 

 

 

 

| 間の小屋 | 18:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.su-ki-ya.com/trackback/1426410
トラックバック